Apple非公認系のお店で修理をするデメリット

修理の質の違いに注目をしよう

iPhoneの修理を依頼する場合、大きく2つのパターンがあります。Appleが公認している修理店に依頼をするパターンと非公認の修理店に依頼をするパターンがあります。今回はApple非公認のお店で修理する場合のデメリットを紹介します。まず、最大のデメリットと言えるのが、品質です。Appleの公認の修理店で修理をする場合、Appleの品質基準に則って修理が行われます。しかしながら、非公認のお店はあくまでも独自の品質基準で修理を行う為、品質にバラツキが生まれてしまうのです。もちろん、非公認のお店の中にも質の高い修理を行なっているお店もありますが、口コミなどで評価をチェックしなければ、初見の方は質が分かりません。確実に安定した修理を行いたい方は公認店が賢明です。

保証でも公認と非公認の差が出ます

修理の質と合わせて、非公認店のデメリットと言えるのが保証です。非公認店で修理を行ってしまうと、Appleの保証に入っていても保証の対象外になってしまいます。また、非公認店の中には、修理に対する保証が全く無いところもあるので、また、すぐに同じ故障が発生しても、保証がされないケースもあります。軽い気持ちで非公認店で修理をしてしまうと、かえって費用がかさんでしまうこともあるので、注意しましょう。もちろん、コストパフォーマンスや店舗数の多さなど魅力的な点もあるので、メリットとデメリットをしっかりと把握して、自身のニーズにあった修理店を選ぶようにするのが賢明です。なお、公認の修理店はAppleのホームページからチェックが出来るので、見分けがつかない方はそれらもチェックしましょう。

iphone修理を青森で依頼する際には、専門店へ持ち込む以外に宅配による修理依頼も選択でき、店舗を訪れる時間が無い場合でも気軽に修理依頼ができます。